ヘッケル(Erich Heckel)(読み)へっける(英語表記)Erich Heckel

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヘッケル(Erich Heckel)
へっける
Erich Heckel
(1883―1970)

ドイツの画家、版画家。ザクセンのデーベルンに生まれ、ドレスデンで建築を学ぶが、同学のキルヒナー、シュミット・ロットルフとともに1905年「ブリュッケ」(橋派)を創立し、表現主義絵画の推進者となる。09年ローマに滞在後は主としてベルリンに住み、強烈な色彩と太い輪郭線による求心的な画面構成によって、サーカスの人々や自然の中の青年像などを描く。また同様な手法による内面表出を木版および石版画に託した。ナチスによって退廃芸術家の烙印(らくいん)を押され、44年以降ボーデン湖畔ヘンメンホーフェンに住み同地で没した。晩年は穏やかな風景と人物を描いた。遺作はベルリンのブリュッケ美術館にある。

[野村太郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android