コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボスニアヘルツェゴビナ Bosnia-Herzegovina

大辞林 第三版の解説

ボスニアヘルツェゴビナ【Bosnia-Herzegovina】

バルカン半島の北西部にある共和国。南端部の一部のみアドリア海に臨む。ボスニア連邦とセルビア人共和国から成る。一五世紀以降オスマン帝国の支配下に置かれ、1908年にオーストリア-ハンガリー帝国に併合された。18年ユーゴスラビアの結成に参加、91年同国から分離、独立。金属加工業と林業が盛ん。住民はセルビア系正教徒とスラブ系イスラム教徒。首都サラエボ。面積5万1千平方キロメートル。人口390万( 2005)。正称、ボスニア・ヘルツェゴビナ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ボスニアヘルツェゴビナの関連キーワードボスニアン・ラフコーテッド・ハウンドネボイシャ ラドマノヴィッチミロスラヴ ブラゼヴィッチバキル イゼトベゴヴィッチディナル・アルプス[山脈]アリヤ イゼトベゴビッチカラジョズベゴバジャミヤボスニア・ヘルツェゴビナセルビア・モンテネグロナロードナ・オドブラナヤスミラ ジュバニッチハサン サリハミジッチジュマル ビエジッチムスリム(民族概念)スヴェン アルカライジェリコ コムシッチハリス シライジッチクレシミール ズバクアンテ イェラビッチC. ミヤトビッチ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ボスニアヘルツェゴビナの関連情報