コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボスニアヘルツェゴビナ Bosnia-Herzegovina

翻訳|Bosnia-Herzegovina

1件 の用語解説(ボスニアヘルツェゴビナの意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

ボスニアヘルツェゴビナ【Bosnia-Herzegovina】

バルカン半島の北西部にある共和国。南端部の一部のみアドリア海に臨む。ボスニア連邦とセルビア人共和国から成る。一五世紀以降オスマン帝国の支配下に置かれ、1908年にオーストリア-ハンガリー帝国に併合された。18年ユーゴスラビアの結成に参加、91年同国から分離、独立。金属加工業と林業が盛ん。住民はセルビア系正教徒とスラブ系イスラム教徒。首都サラエボ。面積5万1千平方キロメートル。人口390万( 2005)。正称、ボスニア・ヘルツェゴビナ。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ボスニアヘルツェゴビナの関連情報