マネー・サプライ(英語表記)money supply

翻訳|money supply

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

通貨供給量,すなわち現金通貨預金通貨さらには定期性預金などの準貨幣の総供給量をいう。通貨範囲をどのように規定するかによっていくつかのマネー・サプライ概念があり,また国によって多少相違はあるが,流動性の程度を加味してしだいに概念が拡大してきたといえる。通常はマネー・サプライ概念として,M1=現金通貨+預金通貨,M2=M1+定期性預金の二つが用いられており,日本では M2に譲渡性預金 CDを加えた M2+CDがマネー・サプライとして採用されている。さらに郵便貯金などの預貯金を加えた M3=M2+貯蓄性預金など,より広義のマネー・サプライ統計も公表されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

通貨供給量。通貨の流動性により各種の定義があるが,日本では,個人と法人(金融機関を除く)・地方公共団体が持っている現金,預金,定期預金,CD(譲渡性預金)の各残高合計をマネー・サプライとしている。マネー・サプライの過度の増加は購買力の増加を意味し,物価上昇,インフレーションを引き起こすなど,金融政策の指標として重視される。
→関連項目通貨流通速度ハイパワード・マネー発券制度マーシャルのk

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android