コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モザイク卵(読み)モザイクらん(英語表記)mosaic egg

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モザイク卵
モザイクらん
mosaic egg

調整卵に対する語。卵の細胞質の各部分や割球の運命が早くから決定している卵。それぞれの部分がモザイクガラスのように卵にはめこまれているという意味で用いられる。したがって割球またはの一部を除去すると,除去部位に応じて一定の器官その他を欠如する。たとえばウリクラゲの8細胞期の割球を分離すると本来8列ある櫛板列は,割球数に相応する数だけを生じる。クシクラゲ類,紐虫類,線虫類,環形動物,節足動物,軟体動物,ホヤ類の卵でみられる。調整卵も発生が進むとモザイク様となる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

モザイクらん【モザイク卵 mosaic egg】

多細胞動物において,(らん)またはの各部の発生運命が発生のごく初期から決められているため,胚の一部を殺したり除去したりすると,その部位に応じて一定の組織や器官の欠落した個体が作られるような性質をもった卵のことをいう。これに対し卵や胚の一部をとり除いたり,初期卵割期の割球を単離して発生させたりした場合にも形態的には正常,あるいはそれに近い形の個体を生ずるような卵を調節卵regulation egg(または調整卵)と呼ぶ。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

モザイクらん【モザイク卵】

割球の一部を取り除くと不完全な胚になる卵。クシクラゲ・カキ・ホヤなどの卵にみられる。嵌工卵。 → 調整卵

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モザイク卵
もざいくらん

動物の卵のうち、卵のどの部分が将来、体のどの部分になるかが非常に早くから決定され、それらの各部分がモザイクのように配置されていると考えられる卵をいう。卵の各部分の運命が周囲との関連において徐々に決められると考えられる卵、すなわち調節卵に対する概念である。モザイク卵では卵割初期に分離された割球は、体のある限られた部分、器官しかつくらない。これに対し調節卵では、分離された割球は小さいながらも完全な体をつくることができる。かつては、動物の胚(はい)発生における各部分の発生運命の決定の機構をめぐって、卵がモザイク卵であるか、調節卵であるかが大問題であった。しかし現在ではモザイク卵は、発生運命の決定に関して特別な性質をもつ卵というより、卵の各部分の発生運命が比較的早くから決定されている卵、という意味で使われている。[竹内重夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android