コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤマセミ(山翡翠) ヤマセミ greater pied kingfisher

1件 の用語解説(ヤマセミ(山翡翠)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ヤマセミ【ヤマセミ(山翡翠) greater pied kingfisher】

ブッポウソウ目カワセミ科の鳥(イラスト)。全長約38cm。頭部,冠羽,背面は黒白の細かい斑紋よりなり,くび側,のど,腹は白い。雌雄とも胸には灰黒色の横帯があるが,雄はこの部分が褐色を帯びている。黒白の模様から一名カノコショウビン(鹿子翡翠)と呼ばれるくちばしは長く,先端は黄白色で他の部分は灰色。脚は短くて灰色。アジア東部とヒマラヤに分布する。日本では北海道から九州までの山地の渓流や大きな河川にすんでいるが,最近はその数が減少している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ヤマセミ(山翡翠)の関連キーワード翡翠木の葉木菟犀鳥仏法僧戴勝川烏三つの宝の鳥山翡翠笑翡翠カワセミの旅

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone