コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ランダウ ランダウ Landau, Lev Davidovich

8件 の用語解説(ランダウの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ランダウ
ランダウ
Landau, Lev Davidovich

[生]1908.1.22. アゼルバイジャンバクー
[没]1968.4.1. モスクワ
ソ連の理論物理学者。石油工業の技術者の子として生れ,19歳でレニングラード大学を卒業,N.ボーアに招かれてコペンハーゲンの理論物理学研究所におもむいた。ウクライナ物理・工学研究所で5年間過したのち,モスクワに出て物理学研究所理論部主任 (1937) ,モスクワ大学教授 (43) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ランダウ
ランダウ
Landau

正式名称はランダウインデアファルツ Landau in der Pfalz。ドイツ西部,ラインラントファルツ州の都市。シュパイアーの南西約 30kmにあるハールト山地の谷口集落の一つで,1291年に帝国都市となり,1680~1815年にはフランス領,16年以後バイエルン領となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ランダウ(Lev Davidovich Landau)

[1908~1968]ソ連の理論物理学者磁性の研究をはじめ、統計力学低温物理学・熱力学・素粒子論などの広い分野に業績を残し、液体ヘリウム超流動超伝導フェルミ流体についての先駆的理論を展開。1962年ノーベル物理学賞受賞。著「理論物理学教程」。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ランダウ

ドイツの数学者。1909年ゲッティンゲン大学教授,1933年ナチスのため職を追われた。解析的整数論,関数論の発展に貢献,素数分布論,ピカールの定理の研究などが有名。

ランダウ

ソ連の物理学者。レニングラード大学を出て,1929年―1931年ヨーロッパ各地に留学,特にN.ボーアに学ぶ。1932年ハリコフ物理工学研究所員となり,磁区,反強磁性,相転移,超伝導などを研究,1937年カピッツァに招かれてモスクワ物理問題研究所に移り,液体ヘリウム超流動,第2音波など極低温現象を研究。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ランダウ【Edmund Georg Hermann Landau】

1877‐1938
ドイツの数学者。ベルリンで医者の子として生まれた。ベルリン大学で学んだ後,1909年にゲッティンゲン大学の教授になったが,33年にはナチス・ドイツのユダヤ人弾圧政策のため,この職を辞することを余儀なくされた。この後亡くなる38年までにドイツ国外で何度か講義をした。ランダウの研究はおもに解析的整数論の確立に向けられた。とくに素数の分布についての研究においては,素数定理のJ.アダマールやド・ラ・バレ・プサンC.de la Vallée Poussinの証明より簡単な証明を考え,一般の代数体の素イデアルの分布をも扱うことを可能にした。

ランダウ【Lev Davidovich Landau】

1908‐68
ソ連の物理学者。バクーの生れ。バクー大学,レニングラード大学に学ぶ。1929年から1年半の間,ドイツ,スイスオランダイギリスベルギーデンマークを歴訪,コペンハーゲンではN.ボーアの下で,R.F.パイエルスとともに不確定性原理を相対論的に拡張する研究や,磁場中におかれた自由電子のふるまいに関する量子論的研究を行った。帰国後,レニングラードの物理・工学研究所,ウクライナの物理・工学研究所を経て37年モスクワの物理学問題研究所の理論物理学部長。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ランダウ【Lev Davydovich Landau】

1908~1968) ソ連の理論物理学者。磁性の研究、低温物理学・熱力学・素粒子論など物理学のほぼ全分野に業績を残す。液体ヘリウムの超流動の理論や、超伝導に関する先駆的研究が著名。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のランダウの言及

【相転移】より

…逆に転移点より下側では後者が勝って秩序状態となり,対称性の低い状態が実現する。 二次相転移を扱う一般論としては,L.D.ランダウの現象論がある。それは,自由エネルギーFを秩序パラメーターηの関数と考え,Fがηに関して,図3のようにふるまうとして相転移のようすを説明する。…

【中性子星】より

…恒星がその進化の終末に到達する中性子物質からなる超高密度の星。中性子星の存在は,すでに1930年代にL.D.ランダウ,J.R.オッペンハイマーらにより理論的に予言されていた。また超新星爆発の際に中性子星が残骸としてできるとする考えを,W.バーデとツビッキーF.Zwickyが提案している。…

【超流動】より

…超流動が起こる機構は4Heと3Heとではまったく異なり,前者では4He原子がボース統計に従うことと原子間に斥力があることが,また後者では3He原子がフェルミ統計に従うことと原子間に引力があることが原因になっている。4Heの超流動理論は1930年代にF.ロンドン,L.D.ランダウらによって作られ,3Heの超流動については超伝導のBCS理論の出現(1957)直後からその応用として多くの人たちによって考えられてきた。
[液体ヘリウム4の超流動]
 4Heはボース粒子であってボース統計に従う。…

※「ランダウ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ランダウの関連キーワードグラスマンクロネッカーシュワルツ西ベルリン東ベルリン伯林ベルリンタワーベルリン・ドイツ・オペラ管弦楽団ベルリン・ドイツ歌劇場管弦楽団ベルリン・ドイツ交響楽団

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ランダウの関連情報