レオ

百科事典マイペディア 「レオ」の意味・わかりやすい解説

レオ[3世]【レオ】

イサウリア朝初代のビザンティン皇帝(在位717年―741年)。アナトリア軍管区の司令官で,テオドシウス3世を廃して即位。イスラム勢力のコンスタンティノープル攻撃を退け,小アジア西部を回復。偶像崇拝禁止(イコノクラスム)によって国内に大きな混乱をひき起こした。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

タコノキ

タコノキ科の常緑高木。小笠原諸島に特産する。幹は直立して太い枝をまばらに斜上し,下部には多数の太い気根がある。葉は幹の頂上に密生し,長さ1〜2m,幅約7cmで,先は細くとがり,縁には鋭い鋸歯(きょし)...

タコノキの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android