コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レッド・パージ レッド・パージ

2件 の用語解説(レッド・パージの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レッド・パージ
レッド・パージ

第2次世界大戦後の日本で,いわゆる冷戦の状況を背景として占領軍が行なった共産主義者追放政策。直接には 1950年 D.マッカーサーが発した一連の書簡によって,共産党機関紙『アカハタ』とその後継紙の発行停止が命じられ,また報道関係,一般企業さらには官庁から共産主義者およびその同調者総計一万数千名が解雇された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

レッド・パージ
れっどぱーじ
red purge

赤色追放。共産党員やその支持者またはそれとみなされた者が、その思想信条や政治的立場を理由に、公職や企業から不当に解雇・追放されること。1950年代アメリカマッカーシズムによる赤狩りや日本で行われた共産党員とその支持者の追放がおもな例。
 朝鮮戦争勃発(ぼっぱつ)の直前である1950年5月、マッカーサーは共産党を法の保護外に置くことを示唆し、6月6日には日本共産党中央委員会全員24名、『アカハタ』編集幹部17名の公職追放を命じ、いっさいの集会・デモを禁止した。朝鮮戦争開戦とともに公職追放の範囲は、新聞・放送関係、電気・運輸などの重要産業部門のすべてに拡大し、9月1日の政府決定によって政府機関や公共部門にまで及んだ。追放指名者は占領軍の示唆や口頭指示を口実に政府と経営者の手で決定され、解雇された労働者は米軍の憲兵や武装警官隊によって実力で職場から排除された。このようにして、不当に解雇・追放された者は、公務員関係1177人、民間産業1万0972人に上る。このとき、裁判所は、占領軍の命令を憲法に優先するものとして身分保全の申請を却下し、労働委員会も審問拒否の態度をとった。共産党は内部分裂と混乱のために有効に対処しえず、社会党や大多数の労働組合もこの不当解雇を傍観した。さらに、一部の右翼的組合幹部は当局や経営者に積極的に協力し、日本の労働運動は大きな打撃を被った。[五十嵐仁]
『塩田庄兵衛著『レッドパージ』(新日本新書・新日本出版社) ▽梶谷善久編『レッドパージ』(1980・図書出版社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

レッド・パージの関連キーワードセイム第2次世界大戦戦間期福祉社会BIS(Bank for International Settlements)国際決済銀行(BIS:Bank for International Settlements)カステルヌーヴォ=テデスコ《第2次世界大戦》ロンドン協定(第2次世界大戦)マスツーリズム

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

レッド・パージの関連情報