ローレンツ(Hendrik Antoon Lorentz)(読み)ろーれんつ(英語表記)Hendrik Antoon Lorentz

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ローレンツ(Hendrik Antoon Lorentz)
ろーれんつ
Hendrik Antoon Lorentz
(1853―1928)

オランダの理論物理学者。1871年ライデン大学を1年で終え、夜間高校の講師をしながら論文を準備して、1875年学位を取得した。1878年、母校ライデン大学の理論物理学教授。以後の20年間は研究に専念し、後半生はその業績と語学力により国際的会合の中心になり、物理学以外の面でも内外の要職についた。1918年から8年間、ゾイデル海締切工事に関係した調査委員会の長として行った海水位予想の仕事は有名。1912年以降テイレル財団が設けた物理学研究部に勤め、ライデン大学員外教授として講義を続けた。

 分子の存在についての確信に基づき、未完成でまだ理解者も少なかったマクスウェル電磁理論を「オプティミズムをもって」(ノーベル賞講演)分子論へ適用し、物質の光学的性質を調べることから研究を始めた。学位論文で物質の密度と屈折率の関係や、そのほか電磁光学の多くの基礎的問題を扱い、その後一貫して「電子論」を展開した。そこでは、物質を、可秤(かひょう)物質、荷電微粒子(光に対し容易に共振し、初め軽イオンとよばれた電子に相当する粒子)、エーテルから構成され、とくに後の二者がそれぞれ違う役割を担って物質の光学的・電磁気的性質が決められるとする。電子がエーテル中の電磁場によるローレンツ力を受けて運動し、一方エーテルを媒質とする電磁場が電子の電荷と電流を源とするマクスウェルの方程式に従う、という定式化は1892年ごろに完成、物理的実在としての電磁場概念を確立した。こうしてエーテルは物質とともに運動しないという静止エーテル仮説の下に、運動物体中の電磁現象や地球とエーテルの相対運動の効果を考察した。その結果、水流中の光速に関するフィゾーの実験の説明を与え、マイケルソンたちの実験結果を導くために運動物体の長さに関する短縮仮説を提唱し、さらに互いに一様な速さで運動する座標系間の座標の関係式(ローレンツ変換式)をみいだした。またゼーマン効果(1896)を電子論により説明し、電子の電荷の符号と大きさを決め、質量が原子よりはるかに小さいことを導き、電子の発見に寄与するとともに電子論の描像の正しさを明らかにした。「希有(けう)の明晰(めいせき)さと論理的一貫性と美とを備えた」(アインシュタイン)電子論によりローレンツは現代物理学への転換を準備し、それへの橋渡しをする重要な役割を果たした。ゼーマンとともに「磁場が放射現象に与える影響の研究」により、1902年ノーベル物理学賞を受けた。

[藤井寛治]

『広重徹訳『電子論』(1973・東海大学出版会)』『巻田泰治・高橋安太郎訳『電子論』(1974・講談社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android