コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三春[町] みはる

2件 の用語解説(三春[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

三春[町]【みはる】

福島県中東部,田村郡の町。全町阿武隈(あぶくま)高地に含まれ,磐越東(ばんえつとう)線に沿う主集落三春は秋田氏の城下町,馬産地として発達。米作,養蚕,葉タバコの栽培を行う。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

みはる【三春[町]】

福島県東部,田村郡の町。人口2万0124(1995)。中通り地方のほぼ中央,阿武隈高地西麓に位置する。JR磐越東線,国道288号線が通じる。浸食がすすんだ標高300~500mのなだらかな丘陵と谷が複雑に入り組む老年期の山地からなり,平地は少なく,緩斜面に段畑や棚田が開ける。中心の三春は近世に秋田氏の城下町として栄え,明治以降も郡役所が置かれるなど田村郡の中心地であった。古くから葉タバコ栽培や養蚕が盛んであったが,第2次大戦後は隣接する郡山市の発展が著しく,その経済圏に組み込まれ,住宅地化も進んでいる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

三春[町]の関連キーワード安芸西条田村福島阿南大月小松島三春豊前田村家吉

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone