コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

久留米[市] くるめ

2件 の用語解説(久留米[市]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

久留米[市]【くるめ】

福岡県南部,筑紫(つくし)平野の中部の市。1889年市制。中心市街は江戸時代の有馬氏21万石の城下町として栄え,戦前は軍都でもあった。九州新幹線鹿児島本線久大本線,西鉄天神大牟田(おおむた)線・甘木線,九州自動車道が通じる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

くるめ【久留米[市]】

福岡県南西部の商工業都市。1889年福岡市とともに県下最初の市制をしき,1917年以後鳥飼村など13町村を編入。人口23万4433(1995)。筑後川が流れを西から南西に転ずる屈曲点,筑紫平野のほぼ中央に位置し,西は筑後川をはさんで佐賀県と相対する。古く筑後国の国府,国分寺がおかれ,1621年(元和7)から有馬氏21万石の城下町として発展した。廃藩置県久留米県,次いで三潴(みづま)県の県庁所在地となり,1876年福岡県に併合されてからも全九州を商圏とする久留米商人の町として栄え,1907年の陸軍第18師団設置後は軍都としても発展した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

久留米[市]の関連キーワード大川カルガリーグアヤキルトリノ大牟田久留米古賀筑後豊前ブロツワフ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone