コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

久留米[市](読み)くるめ

百科事典マイペディアの解説

久留米[市]【くるめ】

福岡県南部,筑紫(つくし)平野の中部の市。1889年市制。中心市街は江戸時代の有馬氏21万石の城下町として栄え,戦前は軍都でもあった。九州新幹線,鹿児島本線,久大本線,西鉄天神大牟田(おおむた)線・甘木線,九州自動車道が通じる。1931年設立のブリヂストンの工場があり,タイヤを中心に工業用・家庭用ゴム製品を生産。1984年佐賀県鳥栖市とともにテクノポリス指定を受け,現在は北部にハイテクパークの建設が進む。農村部では米,花卉(かき),野菜を産する。久留米絣(がすり),竹を編んで素地とした籃胎(らんたい)漆器,富有柿は特産。高良(こうら)大社水天宮梅林寺などの名所,石橋文化センター,世界つつじセンター,自衛隊基地がある。2005年2月浮羽郡田主丸町,三井郡北野町,三潴城島町,三潴町を編入。229.96km2。30万2402人(2010)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

くるめ【久留米[市]】

福岡県南西部の商工業都市。1889年福岡市とともに県下最初の市制をしき,1917年以後鳥飼村など13町村を編入。人口23万4433(1995)。筑後川が流れを西から南西に転ずる屈曲点,筑紫平野のほぼ中央に位置し,西は筑後川をはさんで佐賀県と相対する。古く筑後国の国府,国分寺がおかれ,1621年(元和7)から有馬氏21万石の城下町として発展した。廃藩置県で久留米県,次いで三潴(みづま)県の県庁所在地となり,1876年福岡県に併合されてからも全九州を商圏とする久留米商人の町として栄え,1907年の陸軍第18師団設置後は軍都としても発展した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android