(読み)キュウ

  • きゅう キウ
  • ひさ
  • ひささ
  • 漢字項目

デジタル大辞泉の解説

[音]キュウ(キウ)(漢) (呉) [訓]ひさしい
学習漢字]5年
〈キュウ〉時間が長い。ひさしい。「久闊(きゅうかつ)永久恒久持久耐久長久悠久
〈ク〉に同じ。「久遠(くおん)
[名のり]つね・なが・ひこ・ひさ・ひさし
[難読]永久(とこしえ・とこしなえ)
[形動ナリ]時を長く経るさま。長く続くさま。
「妹(いも)が袖別れて―になりぬれど一日(ひとひ)も妹を忘れて思へや」〈・三六〇四〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「きゅうすけ(久助)」の略) 江戸時代、新吉原の隠語で、あつかましい者、愚か者をいう。〔洒落本・取組手鑑(1793)〕
〘形動〙 時間の長いこと。同じ状態が長く続くこと。
※万葉(8C後)一七・三九三四「なかなかに死なば安けむ君が目を見ず比佐(ヒサ)ならばすべなかるべし」
〘名〙 長い間。久しさ。→いくひささ
[補注]「ひさひさ」の変化したものか。また、「ひさし」のク活用に接尾語「さ」の付いたものとする説もある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

久の関連情報