コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キュウ

デジタル大辞泉の解説

きゅう【久】[漢字項目]

[音]キュウ(キウ)(漢) (呉) [訓]ひさしい
学習漢字]5年
〈キュウ〉時間が長い。ひさしい。「久闊(きゅうかつ)永久恒久持久耐久長久悠久
〈ク〉に同じ。「久遠(くおん)
[名のり]つね・なが・ひこ・ひさ・ひさし
[難読]永久(とこしえ・とこしなえ)

ひさ【久】

[形動ナリ]時を長く経るさま。長く続くさま。
「妹(いも)が袖別れて―になりぬれど一日(ひとひ)も妹を忘れて思へや」〈・三六〇四〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひさ【久】

( 形動ナリ )
ながく時を経るさま。いく久しいさま。 「 -に経てわが後の世をとへよ松跡忍ぶべき人もなき身ぞ/山家

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

久の関連キーワード驕れる者は久しからずあしたに賭ける数え歌愛知県西尾市八ツ面町驕る平家は久しからず三笑亭夢楽(初代)からくり儀右衛門島津久豊(1)天草太郎左衛門かぜよふけふけ山内太郎兵衛承久兵乱記承久軍物語遠方/仁久後藤基清二人椀久安達親長大友親秀山田重継武田信政北条久時

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

久の関連情報