(読み)キュウ

デジタル大辞泉「久」の解説

きゅう【久】[漢字項目]

[音]キュウ(キウ)(漢) (呉) [訓]ひさしい
学習漢字]5年
〈キュウ〉時間が長い。ひさしい。「久闊きゅうかつ永久恒久持久耐久長久悠久
〈ク〉に同じ。「久遠くおん
[名のり]つね・なが・ひこ・ひさ・ひさし
[難読]永久とこしえ・とこしなえ

ひさ【久】

[形動ナリ]時を長く経るさま。長く続くさま。
いもが袖別れて―になりぬれど一日ひとひも妹を忘れて思へや」〈・三六〇四〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「久」の解説

ひさ【久】

〘形動〙 時間の長いこと。同じ状態が長く続くこと。
※万葉(8C後)一七・三九三四「なかなかに死なば安けむ君が目を見ず比佐(ヒサ)ならばすべなかるべし」

ひささ【久】

〘名〙 長い間。久しさ。→いくひささ
[補注]「ひさひさ」の変化したものか。また、「ひさし」のク活用に接尾語「さ」の付いたものとする説もある。

きゅう キウ【久】

〘名〙 (「きゅうすけ(久助)」の略) 江戸時代、新吉原の隠語で、あつかましい者、愚か者をいう。〔洒落本・取組手鑑(1793)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android