コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五色[町] ごしき

2件 の用語解説(五色[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

五色[町]【ごしき】

兵庫県津名郡,淡路島中部西岸の旧町。ピーマンイチゴタマネギの栽培,酪農が盛ん。五色の小石で有名な五色浜などの景勝地,幕末の廻船業者高田屋嘉兵衛の旧跡がある。
→関連項目鳥飼荘

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ごしき【五色[町]】

兵庫県淡路島の西岸にある津名郡の町。人口1万0466(1995)。都志川,鳥飼川をはじめ多数の谷が丘陵を刻み,起伏の激しい地形をなす。主産業は農業で,米作のほか野菜,ミカンの栽培が盛ん。和牛の飼育など,畜産も活発である。瓦の生産を中心とした製造業や瀬戸内海におけるサワラ漁,ノリ,ワカメの養殖も行われている。中心集落の都志(つし)は港町で,江戸後期の廻船業者高田屋嘉兵衛の出身地である。瀬戸内海国立公園の一部をなす景勝地の五色浜は,玉砂利の産地として,また海水浴場として知られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の五色[町]の言及

【鳥飼荘】より

…淡路国三原郡(現,兵庫県津名郡五色町)の荘園。石清水八幡宮領で,1185年(文治1)同宮領淡路国鳥養荘として史料にみえる。…

※「五色[町]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

五色[町]の関連キーワード谷内清巌谷口清巌淡路淡路島由良洲本常滑野島断層あわじ佐野助作

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone