コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五色温泉 ごしきおんせん

2件 の用語解説(五色温泉の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

五色温泉
ごしきおんせん

山形県南東部,米沢市にある温泉。吾妻山中の標高 800mの山間に位置し,閑静な環境から保養客の訪れが多い。泉温 43~50℃の重曹泉で,婦人病や胃腸病などにきく。温泉の歴史は古く,7世紀後半に役小角 (えんのおづぬ) が発見したといわれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ごしき‐おんせん〔‐ヲンセン〕【五色温泉】

北海道蘭越(らんこし)町・ニセコ町にある温泉。ニセコ温泉郷に含まれる。泉質は硫黄泉酸性泉ニセコ五色温泉
山形県南東部、米沢市にある温泉。吾妻(あずま)連峰北麓に位置する。泉質は炭酸水素塩泉
群馬県伊勢崎市にある鉱泉。市街、粕川近くに一軒宿がある。泉質は単純鉄冷鉱泉
長野県北東部、上高井郡高山村にある温泉。千曲川支流の松川の上流に位置する。泉質は硫黄泉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

五色温泉の関連キーワード北海道虻田郡ニセコ町有島北海道虻田郡ニセコ町曽我北海道虻田郡ニセコ町峠北海道虻田郡ニセコ町富川北海道虻田郡ニセコ町豊里北海道虻田郡ニセコ町西富北海道虻田郡ニセコ町ニセコ北海道虻田郡ニセコ町福井北海道虻田郡ニセコ町富士見北海道虻田郡ニセコ町元町

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone