コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

人種主義[ゴビノー] じんしゅしゅぎ[ゴビノー]racism

翻訳|racism

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

人種主義[ゴビノー]
じんしゅしゅぎ[ゴビノー]
racism

19世紀フランスの思想家 J.A.ゴビノーの提起した人種理論に依拠する人種差別的思想の体系。ゴビノーは特異な歴史観に基づいて,文明の没落は人種の混血化によると考えた。ここに生物学的・遺伝学的な純潔の観念が定式化された。彼は H.S.チェンバレンとともに世界の人種のなかでもアーリア人種の優秀性を説いたため,20世紀のナチズムの反ユダヤ主義的政策とアーリア人種の卓越性というイデオロギーに利用された。ちなみにゴビノーによれば黄色人種は唯物論的であり,想像力や形而上学的思考の能力に欠けるとされている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android