付属・附属・付嘱(読み)ふぞく

大辞林 第三版の解説

ふぞく【付属・附属・付嘱】

( 名 ) スル
主となるものに付き従っていること。 「本島に-する小島」 「 -する協定」 「 -物」
「付属学校」の略。
(「付嘱」とも書く)師が弟子に仏教を伝え、その布教を託すること。ふしょく。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ふ‐ぞく【付属・附属・付嘱】

〘名〙
① (━する) 仏語。師が弟子に仏法の奥義を伝授して、後の世に伝えるよう託すること。
※勝鬘経義疏(611)流通説「帝釈是仏檀越。阿難是仏親侍。所以附嘱此二人也」 〔法華経‐見宝塔品〕
② 技芸を弟子に伝授すること。
※文机談(1283頃)五「ゐのくま殿、利秋が付属をうけさせをはします」
③ (━する) 財産を子孫などに譲り渡すこと。相続させること。また、主なものの一部となって受け継ぐこと。
※廬山寺文書‐天祿三年(972)五月三日・天台座主良源遺告「東板屋二宇 右、永奉属妙香房
※今昔(1120頃か)二「家業及び妻子・眷属を弟に付嘱して出家して山に入ぬ」
※信心録(ヒイデスの導師)(1592)四「ボンニン ノ コト ナリテ、ヲヤ ノ アクゴウ ヲ fuzocu(フゾク) スル ゴトク」
④ (━する) 主になるもの、本体となるものにつきしたがっていること。また、その人や、もの。「大学に付属する研究所」
※明月記‐治承五年(1181)三月一八日「家領等悉付属後家
※弁内侍(1278頃)建長元年五月「堀河の内大臣ともみ、〈略〉ふそくさたひら、きんたた」
※イボタの虫(1919)〈中戸川吉二〉「学習院だったか、付属だったかの小学校へ通ってゐる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android