コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

信楽[町] しがらき

百科事典マイペディアの解説

信楽[町]【しがらき】

滋賀県南部,甲賀(こうか)郡の旧町。大戸(だいど)川の上流域の山地を占める。信楽焼の産で知られ,火鉢植木鉢などを産する。西部の朝宮は茶の産地。米,野菜も産する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しがらき【信楽[町]】

滋賀県最南端,甲賀郡の町。人口1万4904(1995)。信楽高原鉄道がJR草津線の貴生川(きぶかわ)駅(甲賀郡水口(みなくち)町)に通じる。瀬田川の支流大戸(だいど)川の上流域で,標高500~600mの花コウ岩の山地に囲まれた高原に位置する。古代には木津川の河谷を経由して大和との関係が深く,町の北東部に紫香楽宮(しがらきのみや)跡があり,国の史跡に指定されている。中心の長野は信楽焼の主産地で,第2次大戦前は火鉢,茶壺の生産が多かったが,近年は植木鉢に主力が注がれ,ほかにタイルや庭園用の陶器のテーブルセット,灯籠などがつくられており,県立窯業試験場,信楽伝統産業会館がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android