コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

債権・債務 さいけんさいむ

世界大百科事典 第2版の解説

さいけんさいむ【債権・債務】

特定の人(債権者)が他の特定の人(債務者)に対して,一定の行為(給付)を請求する権利を債権といい,これを請求される側からいえば債務となる。たとえば,甲が乙に対して一定期日まで100万円を貸した場合に,期日がくれば,甲は乙に対して〈100万円を返せ〉と請求でき,これに応じて乙は100万円を返さなければならない。このように,債権者は債務者に対して債権を有し,債務者は債権者に対して債務を負担している。したがって,債権・債務は,同一の法律関係を権利者の側からみるか,義務者の側からみるか,の違いにすぎない。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

債権・債務の関連キーワードオープンアカウントマネーフロー分析デノミネーション為替ポジション分割債権・債務通貨スワップ復興金融金庫ネッティングスワップ債国際収支説為替ヘッジ資本取引外国為替開城簿記相対済令送金為替清算機関信用貨幣営業財産国際貸借

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

債権・債務の関連情報