コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内部エネルギー ないぶエネルギー internal energy

翻訳|internal energy

6件 の用語解説(内部エネルギーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

内部エネルギー
ないぶエネルギー
internal energy

系の総エネルギーから,系が全体としてもつ運動エネルギーや,重力などの外力による位置エネルギーを引去った残りのエネルギー。内部エネルギーは系の状態によって定まる状態量であるが,普通は異なる状態間の差だけを問題にするから,内部エネルギーの値は適当な状態を基準にすればよい。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ないぶ‐エネルギー【内部エネルギー】

物体内部の状態だけで決まるエネルギー。物体を構成する分子原子運動エネルギーと、その相互作用による位置エネルギーとの総和。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

内部エネルギー【ないぶエネルギー】

物体がもつエネルギーのうち,その全体としての運動に関する運動エネルギーを引いた残りのエネルギー。熱力学の第1法則(熱力学の法則)より,内部エネルギーの増加分は,外部からその物体になされた仕事をW,外部から加えられた熱量をQとすると,W+Qだけ増す。
→関連項目ゴム状弾性自由エネルギー熱力学

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ないぶエネルギー【内部エネルギー internal energy】

物質のもつエネルギーのうちで,その全体としての運動に関する運動エネルギーを差し引いた残りのエネルギー。これは,その物質の状態を表す熱力学的な状態量である。熱力学第1法則によると,内部エネルギーの増加分⊿Uは,外部からその系になされた仕事Wと,外部から加えられた熱量Q,および質量の増加Mによる等価なエネルギーの増分Mc2との和で表される(cは光速度)。すなわち, ⊿UWQMc2が成立する。自由エネルギー【鈴木 増雄】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ないぶエネルギー【内部エネルギー】

物質系のエネルギーのうち、系全体としての位置エネルギーや運動エネルギーを除いた物体内部の状態で決まるエネルギー。微視的には系を構成する分子間の位置エネルギー、分子の並進運動の運動エネルギー、分子の回転・振動によるエネルギーの総和をいう。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

内部エネルギー
ないぶえねるぎー

物体がその内部にもつエネルギー。物体は一般には、それが全体としてもつ並進および回転の運動エネルギー、全体としてもつ力学的・電気的な位置のエネルギーをもっている。たとえば、物体が重力場の中にあれば、物体はMh(Mは物体の質量、は重力定数、hは地表からの高さ)の力学的位置のエネルギーをもっている。また、物体が電界の中にあるとき、物体のもつ電荷をQ、物体の位置における電位をVとして、物体は(1/2)QVという電気的位置のエネルギーをもっている。物体がもつ全エネルギーは、これらのいわば外部的エネルギーと物体が本来その内部にもつ内部エネルギーとの総和である。物体が全体としてもつ運動エネルギーおよび力学的位置のエネルギーは力学において取り扱い、物体が全体としてもつ電気的位置のエネルギーは電磁気学において取り扱う。物体を構成する物質の性質を議論しようとする熱力学、物性論では、物体のもつエネルギーとして内部エネルギーだけを考えれば十分である。
 内部エネルギーはエネルギーであるから、これについてはエネルギー保存則が成り立つ。これが熱力学では熱力学第一法則とよばれているものである。すなわち、物体の内部エネルギーは外から加えられた仕事および外から加えられた熱だけ増大する。この仕事には、一般的には、力学的なものだけでなく、電気的、磁気的、化学的なものも存在する。内部エネルギーの本質は微視的にでないと理解しにくい。すなわち、物質の内部エネルギーとは、この物質を構成する微視的粒子のもつ運動エネルギーおよびポテンシャルエネルギーの総和である。[沢田正三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の内部エネルギーの言及

【エネルギー】より

…このとき, ⊿UU2U1WJQ ……(1) が成り立つ。熱力学の場合は対象とする物体全体としての運動はふつう考えないから,U2U1は物体の内部エネルギーUの変化を表す。ただし内部エネルギーというのは熱運動をしている物体中の原子やイオンの力学的エネルギーの総和(イオン間の電磁気的エネルギーも含める)のことである。…

【気体】より

…熱伝導率および粘性率は温度とともに増加するが,圧力にはあまり依存しない。
[内部エネルギー]
 理想気体の内部エネルギーは,体積にはよらず,絶対温度に比例する。したがって,1molの理想気体の内部エネルギーUは, UCvT ……(2) と表される。…

【気体分子運動論】より

…一方,ボイル=シャルルの法則により,1molの理想気体に対してpVRTの関係が成り立ち(Rは気体定数,Tは絶対温度),これと(1)式とを組み合わせると,の関係が導かれる。(2)式の左辺は,気体分子の全運動エネルギーを表し,1molの理想気体がもつ内部エネルギーに等しい。この関係からエネルギー等分配の法則を導くことができる。…

【熱】より

…さらに,20世紀にかけてJ.C.マクスウェル,L.ボルツマン,J.W.ギブズらによって気体運動論,そして統計力学が形成され,物質を構成する原子・分子の力学から熱現象を理解することが可能となった。エネルギー統計力学
[内部エネルギーと熱]
 ふつうわれわれが扱う物体は非常に多くの微視的な粒子(原子あるいはそれを作っている電子と原子核)から構成されている。そのため物体は静止しているときでも微視的な粒子の運動エネルギーや,粒子間の力に応じた位置エネルギーをその内部にもっている。…

※「内部エネルギー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

内部エネルギーの関連キーワードエネルギー代謝化学エネルギー静止エネルギー熱エネルギー海洋エネルギー電気エネルギーエネルギー学エネルギー過剰可消化エネルギー吸収エネルギー

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

内部エネルギーの関連情報