コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加賀[市] かが

百科事典マイペディアの解説

加賀[市]【かが】

石川県南西端の市。1958年市制。市街は大聖寺(だいしょうじ),動橋(いぶりはし),温泉の片山津山代,山中などに発達。中心の大聖寺は中世は白山五院の一つ大聖寺の門前町,江戸時代は大聖寺藩の城下町であった。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かが【加賀[市]】

石川県の南西端に位置する市。1958年,大聖寺(だいしようじ),山代,片山津,動橋(いぶりばし),橋立の5町と三木,三谷,南郷,塩屋の4村が合体,市制。人口6万9394(1995)。市域を大聖寺川および動橋川が貫流し,大半は平たんな江沼平野と加賀三湖を含む低地からなり,東部と南部は丘陵地帯をなす。中世には白山五院の一つ大聖寺の門前町として栄え,近世には前田支藩(大聖寺藩)10万石の城下町として発達した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の加賀[市]の言及

【大聖寺】より

…加賀国(石川県)江沼郡の城下町。地名は白山五院の一つ,大聖寺があったことによるという。…

※「加賀[市]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

加賀[市]の関連キーワード越前加賀海岸国定公園片山津[温泉]山代[温泉]片野鴨池

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android