効(漢字)

普及版 字通「効(漢字)」の解説


常用漢字 8画

(旧字)效
10画

[字音] コウ(カウ)
[字訓] いたす・ならう・ききめ

[説文解字]
[甲骨文]
[金文]

[字形] 会意
字の初形は矢+攴(ぼく)。攴は打つこと。矢の曲直を正す意の字である。〔説文〕三下に「象(像)るなり」とし、(交)(こう)声とするが、もとに従う字でない。両手で矢の曲直を正すを寅(いん)といい、撃って正すを效という。それで法則に従い効(なら)う意となり、〔毛公鼎〕に「乃(なんぢ)の友正(友官)を善效せよ」のように用いる。またその倣効の結果を効果という。

[訓義]
1. いたす、正しきをいたす、あきらかにする。
2. ならう、かたどる、のっとる。
3. あらわす、しるし、ききめ、てがら、効果。
4. 校と通じ、しらべる。

[古辞書の訓]
〔名義抄〕效 ナラフ・マナブ・シルス・シルシ・アラハス・コノム・キル・コトコトク・イタル・イタス・ツトム・ホシイママ・カムガフ・ススム・マヌガル・ホタル・キラフ 〔字鏡集〕效 ホシイママ・キラフ・ススム・カムカフ・ホダス・マナブ・シルス・ムカフ・ナラフ・マヌガル・イタス・コノム・ツトム・ユルス・ナラス・イタル・ハゲマス・アラハス・キル・コトコトク

[語系]
效・傚・(校)heは同声。傚は效の形声で後起の字であるが、〔詩、小雅、鹿鳴〕「是れ則り是れ傚(なら)ふ」のように、古くからその字を用いる。ke(教)kek、學(学)heukなども声義近く、一系の語である。

[熟語]
効益・効応・効駕・効獲効款・効義効愚効勲・効験・効牽・効功・効死・効試・効実・効首・効順・効祥・効情・効誠効績・効節・効智効忠・効徴・効・効能・効・効顰・効放・効法・効報・効命・効尤・効郵効用・効力・効霊・効労
[下接語]
威効・偉効・奇効・顕効験効・功効・後効・時効失効実効・殊効・神効・成効・善効・奏効・即効・速効・治効・徴効・答効・特効・発効効・放効・法効・倣効・報効・無効・明効・薬効・有効・良効・労効

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

関連語をあわせて調べる