原敬(読み)はらたかし

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

原敬(はらたかし)
はらたかし
(1856―1921)

明治・大正時代の政党政治家。安政(あんせい)3年2月9日、南部藩重臣の次男として生まれたが、1875年(明治8)兄たちと相談のうえ分家するにあたり、士族を離脱して平民の身分となった。1871年に上京、1876年に司法省法学校に入るが、3年で退校し、『郵便報知新聞』『大東日報』の記者を経て1882年に外務省に入る。ここでは外相を務めた井上馨(いのうえかおる)、陸奥宗光(むつむねみつ)にその資質を見込まれ、農商務省参事官、外務省通商局長を歴任して外務省次官にまで昇進した。しかし1897年の陸奥の死とともに朝鮮駐在公使を最後に外務省を退官して『大阪毎日新聞』の社長に就任。1900年(明治33)伊藤博文(いとうひろぶみ)の国民政党論に基づいて創立された立憲政友会に参画し、この年に組閣をみた第四次伊藤内閣の逓相(ていしょう)となった。1902年には盛岡市から代議士に当選、以後死去に至るまで連続当選した。1903年立憲政友会の総裁が伊藤から西園寺公望(さいおんじきんもち)に交代し、原は松田正久(まつだまさひさ)らとともに党の実権を握るようになった。実業界でも北浜銀行頭取、古河鉱業(ふるかわこうぎょう)(現古河機械金属)副社長の地位につき、財界のなかでその地歩を築き上げながら、政友会と政界の内部において実力を発揮していった。西園寺の政治手腕に疑問と不満を抱く原は、長州閥の桂太郎(かつらたろう)に接近し、桂と西園寺の交互の組閣になる「桂・園」妥協政治時代を実現する演出者となった。原自身も第一次・第二次西園寺内閣の内相となり、山県有朋(やまがたありとも)を頂点とする長州閥の政治支配力に郡制廃止や二個師団増設問題などで揺さぶりをかけながら、藩閥政治に割って入り、政友会の影響力を強めていこうと努力を重ねた。その後、大正政変を経て第一次山本権兵衛(やまもとごんべえ)内閣の内相を務め、1914年(大正3)西園寺の後を継いで政友会の総裁に就任、横田千之助(よこたせんのすけ)を右腕として重用しながらその卓越した政治力で党内をまとめあげていった。原総裁下の政友会は第二次大隈重信(おおくましげのぶ)内閣下の総選挙で第二党に転落したが、1917年の総選挙では第一党に返り咲き、翌1918年夏の米騒動で原内閣が誕生するに及んで原と政友会の「黄金時代」を現出した。
 原の首相就任は「平民宰相」の誕生として受け止められた。山県系の官僚勢力を一掃し種々の策を弄(ろう)して政権を手にした原も、「平民」ということばを愛し続けていた。若いときに宿屋に泊まるたびに宿帳にわざわざ「岩手県平民」と得意になってしたためていた原は、首相になるまで3回爵位を受ける機会があったが、青年時代からの信念を守り続けて、これを固辞してきた。また首相になっても地位・名誉・財産欲に走る政治家のタイプとは異なり、清潔さを貫き通した。
 原は内閣で積極政策をとったにもかかわらず、物価騰貴の抑制、経済の立て直し、労働争議の鎮静に苦慮し、そのうえ政府・政友会にまつわる疑獄事件が浮かび上がり、苦境に陥れられていった。政権を担当して3年目には疲労困憊(こんぱい)し、妻の浅(あさ)に疲れを訴え、辞職したい意向まで語っていた。政治家としての偽りのない心境であったろう。その原は、大正10年11月4日、東京駅で刺客中岡艮一(こんいち)の手で刺殺され世を去った。この暗殺事件は裁判では大塚駅の転轍(てんてつ)手である一青年の単独犯行としてかたづけられたが、その司法処理は平沼騏一郎(ひらぬまきいちろう)大審院長、鈴木喜三郎(すずききさぶろう)の司法閥の判断による結論であった。しかし原を死に追いやった背景には、政教社の五百木良三(いおぎりょうぞう)の予告どおり右翼組織が動いていた。それにしても政党政治家としての原は「平民」の信念を貫き、公私の別を明らかにし続けた。死後、伯爵下賜の話が出たが、浅夫人は原の遺志という理由でこれを拝辞した。また遺書のなかでは、政友会の遺産100万円余のうち返却分15万円を差し引いて残りを次期総裁に引き渡すよう指示していた。「正二位(しょうにい)大勲位平民」、これが原敬の死後の肩書である。まことに奇妙な印象を与えるが、そのひととなりにふさわしい。
 なお、青年時代から首相時代に及ぶ膨大な日記は、日本の近代政治史を知るうえでの比類のない資料である。[金原左門]
『テツオ・ナジタ著『原敬』(1974・中央公論社) ▽原奎一郎・山本四郎編『原敬をめぐる人びと』正続(1981、82・日本放送出版協会) ▽前田蓮山著、細川隆元監修『日本宰相列伝7 原敬』(1985・時事通信社) ▽山本四郎著『評伝 原敬』上下(1997・東京創元社) ▽山本四郎著『原敬・政党政治のあけぼの』(清水書院・清水新書) ▽内川永一朗著『デモクラシー 原敬と新渡戸稲造』(1998・新渡戸基金) ▽玉井清著『原敬と立憲政友会』(1999・慶応義塾大学出版会) ▽御厨貴監修『歴代総理大臣伝記叢書11 原敬 上』『歴代総理大臣伝記叢書12 原敬 下』(2006・ゆまに書房) ▽佐高信著『平民宰相原敬伝説』(2010・角川学芸出版) ▽服部之総著『明治の政治家たち』上下(岩波新書) ▽川田稔著『原敬と山県有朋――国家構想をめぐる外交と内政』(中公新書)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

原敬の関連情報