同座・同坐(読み)どうざ

大辞林 第三版の解説

どうざ【同座・同坐】

( 名 ) スル
同じ会の席に居合わすこと。同席。 「名士と-する」
かかわりあい。巻き添え。連座。
同じ劇場・劇団。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

どう‐ざ【同座・同坐】

〘名〙
① 同じ席または場所に居合わすこと。また、その人。同席。転じて、同列・同等であること。また、その人。
※秘蔵宝鑰(830頃)下「第八〈略〉宝塔騰踊二仏同座」
※こゝろ(1914)〈夏目漱石〉上「時たま座敷で同座(ドウザ)する場合もあったが」 〔漢書‐爰盎伝〕
② かかりあいになること。まきぞえをくうこと。かかりあい。まきぞえ。連座
③ 同じ劇場や劇団。また、同じ劇団などに属していること。
④ 前に述べたその劇場、映画館、劇団。
※江戸から東京へ(1922)〈矢田挿雲〉七「久松座は再び改名して今の明治座となり〈略〉奥役鳥居清貞は同座(ドウザ)に無くてならぬ柱石であった」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android