コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

善通寺[市] ぜんつうじ

百科事典マイペディアの解説

善通寺[市]【ぜんつうじ】

香川県西部,讃岐(さぬき)平野西部の市。1954年市制。中心市街は善通寺門前町で,1896年第11師団が置かれて以後軍都として発展。土讃線高松自動車道,国道11号が通じる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぜんつうじ【善通寺[市]】

香川県北西部,丸亀平野の一角にある市。1954年善通寺町と筆岡,吉原,竜川,与北(よぎた)の各村が合体,市制。人口3万7361(1995)。土讃線,高松自動車道が通じる。市域の大半は金倉(かなくら)川や弘田川の沖積平野で,南に大麻(おおさ)山(616m),西に五岳(ごがく)山(火上(ひあげ)山,中山,我拝師(がはいし)山,筆ノ山,香色かしき)山)がある。空海誕生の地といわれ,父善通の菩提のため空海が開いた善通寺の門前町として発達した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

善通寺[市]の関連キーワード讃岐平野讃岐

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android