コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国衙・国府 こくが・こくふ

1件 の用語解説(国衙・国府の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

国衙・国府【こくが・こくふ】

古代,中央政府から派遣された国司(こくし)が政務をとる官庁域を国庁(こくちょう)ないしは国衙といい,その所在地として計画的に設定された都市を国府といった。ただし国衙と国府を同一視する史料などもあり,国府・国庁と国衙の関係は必ずしも一定しない。
→関連項目一の谷墳墓群今富荘浮免大部荘大山荘鹿子木荘勧農使国地頭国奉行公文所黒田荘郷司神野真国荘近木荘国衙領税所所領菅原荘惣社(総社)府中府中分米明通寺役夫工米温泉荘渡辺津

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

国衙・国府の関連キーワード国司巡見使国目付祭使造国司中央政府外国使節検税使国使国司館

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone