コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土蜘蛛(日本史) つちぐも

1件 の用語解説(土蜘蛛(日本史)の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

土蜘蛛(日本史)【つちぐも】

大和朝廷に従わない在地土着の首長および住民に対する蔑称(べっしょう)の一つ。手足が長いというのは《日本書紀》の記述で,《常陸国風土記(ひたちのくにふどき)》には土窟に穴居という解釈もあるが,これらの伝承・習俗は土蜘蛛の名からむしろ作られたものか。
→関連項目切能物肥国

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

土蜘蛛(日本史)の関連キーワード県主伴造隼人屯倉大和朝廷空士韓鍛冶和朝宇奈古海松橿媛

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone