コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

坂田藤十郎(1世) さかたとうじゅうろう[いっせい]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

坂田藤十郎(1世)
さかたとうじゅうろう[いっせい]

[生]正保4(1647).京都
[没]宝永6(1709).京都
歌舞伎俳優。元禄期 (1688~1704) の上方を代表する名優。京都の座本 (座元 ) 坂田市右衛門の子として生まれる。延宝6 (1678) 年傾城買い狂言『夕霧名残の正月』の「やつし」の芸で名を上げ,写実的でやわらかみのある和事の演技を大成した。容姿弁舌ともに優れ,ことに長ぜりふを得意とした。元禄6 (1693) 年京都の都万太夫座近松門左衛門の『仏母摩耶山開帳 (ぶつもまやさんかいちょう) 』の総領かもん (掃部) を演じた頃から近松と提携したと伝えられる。元禄8 (1695) 年から都万太夫座の座本も兼ねた。夕霧狂言の伊左衛門のほか,『けいせい仏の原』の文蔵などがあたり役。芸談集に『耳塵集 (にじんしゅう) 』『続耳塵集』『賢外集』がある。なお,坂田藤十郎の名跡は3世まで継承されたのち,長らくとだえていたが,2005年3世中村鴈治郎が3世没後 231年ぶりに4世を襲名した。菊池寛は1世坂田藤十郎をモデルに小説『藤十郎の恋』 (1919,1921戯曲化) を書いた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

坂田藤十郎(1世)の関連キーワード中村鴈治郎(3世)

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android