城島[町](読み)じょうじま

  • 城島

百科事典マイペディアの解説

福岡県南部,三潴(みづま)の旧町。筑後川左岸筑紫(つくし)平野の中央部にあり,米麦,エノキダケ,イチゴネギなどを産する。水運の便もよく,古くから酒造,瓦製造が盛ん。イグサの栽培・加工も行われる。2005年2月浮羽郡田主丸町,三井郡北野町,三潴郡三潴町と久留米市へ編入。17.58km2。1万4160人(2003)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

福岡県南西部,三潴(みづま)郡の町。人口1万3994(1995)。筑紫平野のほぼ中央,筑後川下流の低湿な三角州地帯からなり,クリーク縦横に走る。基幹産業は農業で,米作を主体とするが,近年イグサ,イチゴ,ネギなどの生産も伸びている。穀倉地帯を背景に元禄期(1688‐1704)より酒造業が盛んで,〈九州の〉ともいわれる。伝統産業として瓦製造があり,かつては和傘の産地でもあった。また産卵期に筑後川を上るエツ漁が行われ,観光客を集める。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android