コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

城島[町] じょうじま

百科事典マイペディアの解説

城島[町]【じょうじま】

福岡県南部,三潴(みづま)郡の旧町。筑後川左岸筑紫(つくし)平野の中央部にあり,米麦,エノキダケ,イチゴ,ネギなどを産する。水運の便もよく,古くから酒造,瓦製造が盛ん。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じょうじま【城島[町]】

福岡県南西部,三潴(みづま)郡の町。人口1万3994(1995)。筑紫平野のほぼ中央,筑後川下流の低湿な三角州地帯からなり,クリークが縦横に走る。基幹産業は農業で,米作を主体とするが,近年イグサ,イチゴ,ネギなどの生産も伸びている。穀倉地帯を背景に元禄期(1688‐1704)より酒造業が盛んで,〈九州の灘〉ともいわれる。伝統産業として瓦製造があり,かつては和傘の産地でもあった。また産卵期に筑後川を上るエツ漁が行われ,観光客を集める。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

城島[町]の関連キーワードつくし筑紫

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android