コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大泉[町] おおいずみ

百科事典マイペディアの解説

大泉[町]【おおいずみ】

群馬県南東部,利根川中流左岸の低平な洪積台地を占める邑楽(おうら)郡の町。中心の小泉城下町市場町として発達,第2次世界大戦中は太田市とともに軍需工業地帯であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おおいずみ【大泉[町]】

群馬県南東部,邑楽(おうら)郡の町。1957年小泉町と大川村が合体,改称。人口4万1100(1995)。利根川北岸の低地を占め,利根川を隔てて埼玉県と接する。小泉は江戸時代日光例幣使街道宿場町,市場町であった。1941年に中島飛行機の工場と飛行場がつくられ,南東に接する太田とともに軍需工業都市となった。60年に首都圏市街地開発区域の指定を受け,61年には東京三洋電機が誘致され,多数の関連,下請工場も進出して工業都市として再生した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大泉[町]の関連情報