寒川[町](読み)さむかわ

百科事典マイペディアの解説

寒川[町]【さむかわ】

神奈川県高座(こうざ)郡,相模川下流東岸の町。相模線圏央道が通じ,相模国一宮の寒川神社がある。古くから花卉(かき)栽培が盛ん。カーネーションスイートピーなどを産する。最近は工業の発達が著しく,宅地化も進んでいる。13.34km2。4万7672人(2010)。

寒川[町]【さんがわ】

香川県東部,大川郡の旧町。鴨部(かべ)川,津田川の支流の流域を占め,溜池灌漑(ためいけかんがい)による米作,タバコ・蔬菜栽培が盛ん。主集落は長尾街道に沿う石田。2002年4月,津田町,大川町,志度町,長尾町と合併してさぬき市となる。23.10km2。6041人(2000)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さむかわ【寒川[町]】

神奈川県中南部,高座郡の町。人口4万7438(1995)。相模川下流東岸の低地を占める。相模国一ノ宮で,古くから武家の信仰を集めた寒川神社の鳥居前町として発達した。神社は1997年に神殿を新しく造営し関東一円の参拝客を集めている。米作を中心に園芸や畜産を行う近郊農村であったが,1964年に田端工業団地が造成されて工業化が進展した。タイヤ,化学,電機などの大工場が立地する。住宅開発も促進され,60年代後半からは人口の増加も著しい。

さんがわ【寒川[町]】

香川県東部,大川郡の町。人口6104(1995)。町域は南北に長く,南部は讃岐山脈北斜面の山林地帯で,鴨部(かべ)川,津田川の支流が北流し,北部沖積低地が広がる。北部を高徳線が通じ,県道(長尾街道)沿いに住宅や商店街が並び,町の中心となっている。農業が基幹産業で,香川用水通水農業基盤整備により,米,麦,タバコ中心から,イチゴ,メロン,野菜,酪農などをとり入れた複合経営に移行している。工業は食料品,縫製,家具,金属などの小規模企業が中心である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android