海容(読み)カイヨウ

デジタル大辞泉の解説

[名](スル)海のように広い寛容な心で、相手の過ちや無礼などを許すこと。主に手紙文で用いる。「失礼の段、ご海容ください」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (海が広くて何物でも受け容(い)れるように) 寛大な心で相手の罪やあやまちを許すこと。現代ではほとんど書簡の用語となっている。海恕(かいじょ)
※読本・椿説弓張月(1807‐11)残「偏(ひとへ)に海容(カイヨウ)し給へ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android