コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勘弁/勘辨 カンベン

デジタル大辞泉の解説

かん‐べん【勘弁/勘×辨】

[名](スル)
他人の過失や要求などを許してやること。堪忍。「今度だけは―してやる」「保証人になる話は―してもらった」
物事のよしあしをよく考えること。
「心身の不完全は…其人の罪にあらざれば此辺の―最も大切なる事なり」〈福沢福翁百話
やりくりすること。算段。
「所務の―上手の人なれば」〈甲陽軍鑑・三二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かんべん【勘弁】

( 名 ) スル
が原義〕
過ちや不都合などを許すこと。堪忍。 「もう-ならない」 「今回は-してやる」 〔「ご勘弁ください」 「勘弁してください」などの形で、「(これ以上は)やめてほしい」と相手に婉曲に許しをこう意にも用いる。「堅苦しい挨拶は-してください」〕
十分に考えること。事の善悪・当否などをよく考え、わきまえること。 「後先の-なしでござります/滑稽本・浮世風呂 3
やりくりが上手なこと。また、計算に明るいこと。 「助兵衛は…所務の-上手の人なれば/甲陽軍鑑 品三二

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

勘弁/勘辨の関連キーワード料簡・了見・了簡吉田岩窟王事件此処はひとつ励声・厲声耕稼春秋此の上は臨済録其れ丈承知姓名成る平に滅相

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android