コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 す nest

翻訳|nest

4件 の用語解説(巣の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説



nest

動物が生活していく際に,1ヵ所にとどまって休息したり,出産したり,子孫を育てたりするために築いたもの。自然の洞窟,大樹の枝の間などを利用する場合もあるが,すこぶる精巧なものをつくるものも多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

す【巣/×栖/×窼】

鳥・獣・虫などのすむ所。「ネズミの―」「小鳥の―」
人の住む所。すみか。「愛の―」
よくない仲間が寄り集まる場所。「悪党の―」
クモが獲物を捕まえるために張る網。

そう【巣】[漢字項目]

[音]ソウ(サウ)(漢) [訓]
学習漢字]4年
〈ソウ〉
鳥のす。「営巣燕巣(えんそう)帰巣性
ある物が集まっている所。「精巣病巣卵巣
隠れ家。「巣窟(そうくつ)/賊巣」
〈す〉「巣箱古巣

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

す【巣 nest】

一般には,動物がみずから造って産卵,抱卵,育児または休息,就眠に使用する構造物や穴をいう。このことばは本来鳥獣を対象として用いられたと思われるが,それ以外の動物についても拡張して用いられており,巣の概念はひじょうにあいまいである。典型的な巣は多くの小鳥やキツネなどに見られるもので,繁殖期にのみ使用される。鳥類の中には,天然の穴や樹洞や他種の動物が掘った穴をそのまま利用し,しかも巣穴内になんの材料も持ち込まないで産卵するものがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

巣の関連キーワードなわばりペシミズム産卵親授手ずから微官抱卵水髪水辛攻撃性

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

巣の関連情報