コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

nest

翻訳|nest

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説



nest

動物が生活していく際に,1ヵ所にとどまって休息したり,出産したり,子孫を育てたりするために築いたもの。自然の洞窟,大樹の枝の間などを利用する場合もあるが,すこぶる精巧なものをつくるものも多い。土に穴を掘る,糸を吐いて葉などをまとめる,小枝を組合せるなど,あらゆる形態,性状がある。クモアリジゴク (ウスバカゲロウの幼虫) では,巣は捕獲器の役目も兼ねる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

す【巣/×栖/×窼】

鳥・獣・虫などのすむ所。「ネズミの―」「小鳥の―」
人の住む所。すみか。「愛の―」
よくない仲間が寄り集まる場所。「悪党の―」
クモが獲物を捕まえるために張る網。

そう【巣】[漢字項目]

[音]ソウ(サウ)(漢) [訓]
学習漢字]4年
〈ソウ〉
鳥のす。「営巣燕巣(えんそう)帰巣性
ある物が集まっている所。「精巣病巣卵巣
隠れ家。「巣窟(そうくつ)/賊巣」
〈す〉「巣箱古巣

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

す【巣 nest】

一般には,動物がみずから造って産卵抱卵,育児または休息,就眠に使用する構造物や穴をいう。このことばは本来鳥獣を対象として用いられたと思われるが,それ以外の動物についても拡張して用いられており,巣の概念はひじょうにあいまいである。典型的な巣は多くの小鳥キツネなどに見られるもので,繁殖期にのみ使用される。鳥類の中には,天然の穴や樹洞や他種の動物が掘った穴をそのまま利用し,しかも巣穴内になんの材料も持ち込まないで産卵するものがある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

巣の関連キーワードエンプティーネストシンドロームブールの法則コムハニーアナツバメ巣(鋳物)チャオフー巣(動物)浅見正敏シロアリ巣籠もり種間托卵巣をくう食用穴燕働きバチ晩成性就巣性蜜ろう黒大蟻生殖腺塩雲丹

巣の関連情報