巻く/捲く(読み)マク

デジタル大辞泉の解説

ま・く【巻く/×捲く】

[動カ五(四)]
物のまわりに、ゆるみのないようにからみつける。「包帯を―・く」「グリップにテープを―・く」
長い物・平らな物を、その一端を軸にするように丸める。「反物を―・く」「紙を筒状に―・く」
渦巻き状にする。また、渦巻き状になる。「蛇がとぐろを―・く」「朝顔のつるが―・く」
ねじ・ぜんまいなどをねじり回して締める。「ぜんまいを―・く」「竜頭を―・く」
物を、それについている綱や鎖を軸にからませて、持ち上げる。「錨(いかり)を―・く」
まわりを取り囲む。包み込む。「煙に―・かれる」
連歌・俳諧の付合(つけあい)をする。「歌仙を―・く」
登山で、ルートの途中にある難所を避け、迂回して登る。また、そのように道がついている。「大滝を―・いて沢筋をつめる」「頂上を―・く道」
テレビ・演劇などで、予定した時間よりも早まる。「撮影が1時間―・いて終わる」⇔押す
10 (「舌をまく」の形で)言葉も出ないほど驚いたり、感心したりする。「子供ながらも巧みな演奏に舌を―・く」
11 (「管(くだ)をまく」の形で)酒に酔って、とりとめのないこと、不平などを繰り返し言う。「飲んではくだを―・いてばかりいる」
12 (「証文をまく」の形で)借りをなしにする。
「丁度いいから証文位はきれいに―・いてやろうかと思っているんだ」〈荷風腕くらべ
13 呼吸が荒くなる。
「息ガ―・ク」〈日葡
[可能]まける
[下接句]くだを巻く煙(けむ)に巻く舌を巻く尻尾(しっぽ)を巻く面(つら)に似せてへそを巻く蜷局(とぐろ)を巻く長い物には巻かれよ螺子(ねじ)を巻く旗を巻く

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

とっさの日本語便利帳の解説

巻く

時間をオーバーしないよう、早く進行すること。声で指示できないテレビの収録現場などでは、フロアディレクターが手で“巻く”合図をする。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android