コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

府兵制[朝鮮] ふへいせいちょうせんPubyongje

1件 の用語解説(府兵制[朝鮮]の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

府兵制[朝鮮]
ふへいせいちょうせん
Pubyongje

朝鮮の兵制の一種。新羅丁田制が定着しなかったので,唐風の府兵制は実施できず,670~680年代に創設した九誓幢が兵制上これに近似している。高麗の兵制は唐の府兵制に準じたものであったが,毅宗 24 (1170) 年以後の武臣政権では私兵制となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone