形而上学[アリストテレス](読み)けいじじょうがく[アリストテレス](英語表記)Ta meta ta physika

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

形而上学[アリストテレス]
けいじじょうがく[アリストテレス]
Ta meta ta physika

主として第一哲学 protē philosophia (形而上学 metaphysica) に関するアリストテレスの数個の論文ないし草稿をまとめて前1世紀頃編集されたと推定される書。内容は複雑多岐にわたるが,数学や自然学とは異なった,学や英知そのもの,有そのものを問題とする第1の神的な学問の可能性や必要性を説き,この学の探求を実演的に示すことが主旨であるといえよう。後世形而上学として確立した哲学の原理と素材を提供した重要な文献群である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

肉肉しい

肉料理に対する形容の一つ。しっかりした食感や肉汁が溢れるなど、強く「肉っぽさ」を感じさせる料理を表すのに用いられる。2010年代後半に、塊肉や熟成肉、肉バルなど様々な肉料理の流行に伴い、テレビや雑誌な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android