コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

形而上学[アリストテレス] けいじじょうがくアリストテレスTa meta ta physika

1件 の用語解説(形而上学[アリストテレス]の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

形而上学[アリストテレス]
けいじじょうがくアリストテレス
Ta meta ta physika

主として第一哲学 protē philosophia (形而上学 metaphysica) に関するアリストテレスの数個の論文ないし草稿をまとめて前1世紀頃編集されたと推定される書。内容は複雑多岐にわたるが,数学や自然学とは異なった,学や英知そのもの,有そのものを問題とする第1の神的な学問の可能性や必要性を説き,この学の探求を実演的に示すことが主旨であるといえよう。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

形而上学[アリストテレス]の関連キーワードIGPAOPシーナ&ロケッツ22世紀ファミリー フィルにおまかせゼノドトスドイツ映画関西病虫害研究会北日本病害虫研究会DOP

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone