(読み)だみ

精選版 日本国語大辞典「彩」の解説

だみ【彩】

〘名〙 (動詞「だむ(彩)」の連用形の名詞化)
① 金泥(きんでい)・銀泥(ぎんでい)で彩色すること。
※多聞院日記‐天正一〇年(1582)五月一二日「足銀にたみ、きりはく金に沙汰之
② 色を塗りつぶすこと。特に素地に呉須(青絵薬)で絵付け・染付けするとき、最初に描いた輪郭の中を太い筆で塗ること。また、重ねて色を塗ること。

だ・む【彩】

〘他マ四〙 (「たむ」とも) あざやかに彩色する。いろどる。また、金箔(きんぱく)、銀箔をはる。
※満佐須計装束抄(1184)一「かさねうち衣、かざみの裏、袴のすそにでいして絵をかきたむこと常のことなり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「彩」の解説

だみ【彩】

金泥(きんでい)・銀泥で彩色すること。「漆(うるし)」
彩潰(だみつぶ)し」の

さい【彩】[漢字項目]

常用漢字] [音]サイ(呉)(漢) [訓]いろどる
美しい色をつける。いろどり。「彩色光彩色彩水彩精彩多彩淡彩迷彩
姿や様子。「神彩
[名のり]あや・たみ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android