御恩・奉公(読み)ごおんほうこう

日本大百科全書(ニッポニカ)「御恩・奉公」の解説

御恩・奉公
ごおんほうこう

武家社会で主君家臣に対する恩顧・保護と、家臣の主君に対する奉仕の関係をいい、封建的な主従関係を示す。鎌倉幕府の成立により鎌倉殿(将軍)と御家人(ごけにん)との間に御恩奉公の主従関係が結ばれた。これは、源氏の家長と譜代(ふだい)の家人との私的な主従関係が、より拡大された公的な主従関係に発展したことを意味する。御家人はその働きに応じ鎌倉殿より守護職、地頭職に補任(ぶにん)され、相伝の私領を承認保証され(本領安堵(ほんりょうあんど))、新たに所領を給与され(恩領(おんりょう))、あるいは朝廷に対する官位の推薦を受け、裁判などに際してもその保護を受けた。以上が鎌倉殿の御恩である。一方、御家人は主君のために生命を捨てて戦陣に臨み忠勤を励むことを第一に、鎌倉殿の命のままに、戦時平時を問わず、京都、鎌倉の大番役(おおばんやく)や、警固役、供奉随兵役(ぐぶずいひょうやく)、関東御公事(おんくじ)とよばれるさまざまの経済的負担を果たした。これらは御家人役とよばれ、鎌倉殿の御恩に対する御家人の奉公義務とされた。しかし鎌倉殿と御家人の関係が当初のような個人的、直接的関係から一般的、間接的関係に推移したことから、御恩・奉公の緊密な主従関係、家臣側の一方的な忠節を求める隷属性の強い主従関係は、むしろ得宗(とくそう)北条氏とその被官(御内人(みうちびと))の間などでみられた。そのことは鎌倉幕府滅亡の際における彼らの動向によってうかがうことができる。

[五味克夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「御恩・奉公」の解説

御恩・奉公【ごおん・ほうこう】

武家社会において主君が臣下に対し与える恩恵・保護と,家臣の主君への奉仕・忠節義務を負った封建的な主従関係をいう。鎌倉殿(将軍)と御家人間の公的な主従関係の場合,鎌倉殿の御恩は守護地頭職の補任,相伝私領の確認(本領安堵),所領相論で領家非法よりの保護などで,御家人の奉公は戦時の軍役,平時の京都大番役鎌倉大番役や警護役,将軍御所修造役などの経済的負担などであった。
→関連項目安堵鎌倉幕府奉公人

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

旺文社日本史事典 三訂版「御恩・奉公」の解説

御恩・奉公
ごおん・ほうこう

中世,封建社会における主従制度の基本的関係
御恩とは主君が家臣に与える有形・無形いっさいの恩恵で,所領の給与(新恩給与)・本領安堵と諸職 (しき) への任命などがある。奉公とは御恩に対し家臣が主君に奉仕する義務で,戦時の戦闘参加・軍費負担,平時の番役・公事・課役など。この関係を基本に封建道徳が形成された。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

光合成

光のエネルギーにより生物が二酸化炭素を同化して有機化合物を生成する過程。緑色植物の場合には,クロロフィルおよびカロテノイドの働きにより光のエネルギーを吸収し,6CO2 + 12H2O → C6H12O...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android