御荘[町](読み)みしょう

百科事典マイペディアの解説

御荘[町]【みしょう】

愛媛県南部,豊後(ぶんご)水道に臨む南宇和郡の旧町。町名は,中世延暦寺の荘園であったことに由来。主集落平城(ひらじょう)は観自在寺の門前町として発達した郡の中心地。柑橘(かんきつ)類の栽培が盛んで,真珠,ハマチなどの養殖を営む。海岸は足摺宇和海国立公園に属する。カワウソ(特別天然記念物)の自然保護施設がある。2004年10月南宇和郡城辺町,一本松町,西海町,内海村と合併し,南宇和郡愛南町となる。50.33km2。9642人(2003)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

みしょう【御荘[町]】

愛媛県南部,南宇和郡の町。人口9944(1995)。北部には山地が広がり,西は宇和海に面するがリアス海岸をなす御荘湾が深く湾入,同湾に注ぐ僧都(そうづ)川沿いに平野が開ける。河口の段丘上にある平城(ひらじよう)が中心集落で,四国八十八ヵ所40番札所の観自在寺の門前町として開けた地である。当町域一帯は古くは延暦寺領観自在寺荘であったが,観自在寺が開発した寺領を,当時本寺であった延暦寺に寄進して荘園となったものとみられる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android