コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戸隠[村] とがくし

1件 の用語解説(戸隠[村]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

とがくし【戸隠[村]】

長野県北部,上水内(かみみのち)郡の村。人口5218(1995)。東を飯縄(いいづな)山黒姫山,北を戸隠山に囲まれた戸隠高原にあり,北部は冬季の積雪が2mをこえる豪雪地帯である。中社,宝光社は古くから修験道場として知られた戸隠神社の門前町として栄えた。近年,周辺にキャンプ場スキー場,森林植物園などの設備が整って観光地化が進み,バードラインの開通(1964)以後,長野市経由の観光客も増加している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

戸隠[村]の関連キーワード更埴関川長野盆地更科山安曇野松川おがわしなの川上犬倉橋部広人

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone