紅葉狩(読み)もみじがり

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

紅葉狩(能)
もみじがり

能の曲目。五番目物。五流現行曲。観世信光(かんぜのぶみつ)作。情念の奥を描く『葵上(あおいのうえ)』、哲学的な『山姥(やまんば)』などの鬼に比べ深みはないが、ショーとしての楽しさで成功した人気曲。後半に大ぜいの鬼女の出る演出もある。貴婦人たち(前シテとツレ数人)が登場、紅葉狩の酒宴へと急ぐ。余五(よご)将軍平維茂(これもち)(ワキ)は、家来(ワキツレ数人)を伴って鹿(しか)狩に山に分け入る。見慣れぬ貴婦人たちをいぶかりつつも、興を妨げまいと道を変える維茂を、女は袖(そで)にすがって引き留め、酒を勧めて美しく舞う。その酔い伏したのを見澄ますと、女たちは夜嵐(よあらし)とともに消える。八幡(はちまん)宮の使者の神(アイ狂言)が、女たちは戸隠(とがくし)山の鬼神であると告げ、神剣を与える。目覚めた維茂に鬼(後シテ)が襲いかかるが、ついに退治されて終わる。静かな女の舞が、眠りを見届けるとたちまち急調に変わるなど、演出のくふうが凝らされている。
 古浄瑠璃(こじょうるり)、長唄(ながうた)、地歌(じうた)、荻江節(おぎえぶし)、一中節(いっちゅうぶし)などに多くの系列を生み、近松門左衛門の浄瑠璃にも『狩剣本地(もみじがりつるぎのほんじ)』があり、新歌舞伎(かぶき)十八番の『新曲紅葉狩』は、河竹黙阿弥(もくあみ)の作で、1887年(明治20)9世市川団十郎により初演された。[増田正造]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

紅葉狩の関連情報