コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新居[町] あらい

2件 の用語解説(新居[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

新居[町]【あらい】

静岡県南西端,浜名郡の旧町。浜名湖南西岸に発達した中心市街は江戸時代東海道の要衝新居宿で,新居関跡(特別史跡)がある。自動車部品,楽器などの製造業が盛ん。米,イチゴを産し,漁業,水産加工業も行う。
→関連項目今切渡

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あらい【新居[町]】

静岡県西部,浜名郡の町。人口1万6952(1995)。浜名湖南西岸に位置し,南は遠州灘に面する。古くから交通の要地として栄え,江戸時代には関所が置かれ,東海道の重要な宿場町であった。温暖な気候と低平な土地に恵まれ農業,漁業が営まれる。イチゴなどの施設園芸や米などを産し,近年観光農園が盛んになっている。一方湖面でのウナギ,ノリなどの養殖,海面でのシラス漁などは減少傾向にある。近年,東部の埋立地に繊維,輸送機械などの工場が進出し,浜名湖競艇場の誘致や新居浜温泉の開発などにより,第2次・第3次産業人口の増加傾向がみられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の新居[町]の言及

【橋本】より

…遠江国敷智(ふち)郡にあった中世の宿駅。現在の静岡県浜名郡新居町浜名付近に比定される。浜名川にかかる浜名橋のたもとにあったため橋本(橋下)と呼ばれ,古代,中世には東海道の宿駅として栄えた。…

※「新居[町]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone