コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

明野[村] あけの

世界大百科事典 第2版の解説

あけの【明野[村]】

山梨県北西部,北巨摩(きたこま)郡の村。人口4684(1995)。茅ヶ岳西麓を占める。山麓斜面は江戸中期の朝穂堰の完成とともに開田が進み,米作を主とする農業が展開されてきた。近年,トマト,レタスなどの蔬菜栽培が盛んとなり,果樹栽培,畜産にも力を入れている。特産物の浅尾ダイコンは広く市場に出荷されている。中央自動車道須玉インターチェンジに近く,近郊農業地帯への発展が期待される。村内各地には伝統的な民俗行事が残り,八代家住宅は江戸時代の民家として重要文化財に指定されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android