コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

晒し/曝し サラシ

デジタル大辞泉の解説

さらし【×晒し/×曝し】


さらすこと。さらしたもの。「雨―」「恥―」
漂白した麻布または綿布。晒し布。特に、晒し木綿 夏》「川風に水打ちながす―かな/太祇
江戸時代の刑罰の一。縛った罪人、または斬首(ざんしゅ)に処せられた罪人の首を路傍にさらし、衆人の見せしめにしたもの。
歌舞伎舞踊の中の一場面。布ざらしを舞踊化したもので、「越後獅子」などにある。
歌舞伎下座音楽の一。能管・太鼓・大太鼓または大鼓・小鼓を加えた鳴り物で、荒事(あらごと)の立ち回りや幕切れなどに用いる。
晒(さらし)の合方」の略。
(晒)地歌箏曲の曲名。宇治川沿岸で里人が布をさらすことを題材としたもの。元禄(1688~1704)ころ、深草検校原曲「古ざらし」をつくり、のちに山田生田の両流が原曲から「新ざらし(早ざらし)」を編曲した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

晒し/曝しの関連キーワード晒(邦楽・舞踊)ウォーカー土市川三左衛門成瀬 正一宮之城花器晒し・曝しドクシング今治タオルフラー土知多木綿野洲晒し晒し売り洗い晒し寒晒し粉村山たか寒晒し白玉粉麻織物店晒し内山紙

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android