コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

晒し/曝し サラシ

1件 の用語解説(晒し/曝しの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

さらし【×晒し/×曝し】


さらすこと。さらしたもの。「雨―」「恥―」
漂白した麻布または綿布。晒し布。特に、晒し木綿 夏》「川風に水打ちながす―かな/太祇
江戸時代の刑罰の一。縛った罪人、または斬首(ざんしゅ)に処せられた罪人の首を路傍にさらし、衆人の見せしめにしたもの。
歌舞伎舞踊の中の一場面。布ざらしを舞踊化したもので、「越後獅子」などにある。
歌舞伎下座音楽の一。能管・太鼓・大太鼓または大鼓・小鼓を加えた鳴り物で、荒事(あらごと)の立ち回りや幕切れなどに用いる。
晒(さらし)の合方」の略。
(晒)地歌箏曲の曲名。宇治川沿岸で里人が布をさらすことを題材としたもの。元禄(1688~1704)ころ、深草検校が原曲「古ざらし」をつくり、のちに山田生田の両流が原曲から「新ざらし(早ざらし)」を編曲した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

晒し/曝しの関連キーワード晒し餡晒し井晒し鯨晒し葱晒し場晒し者布晒し恥曝し吹き曝し晒し蝋

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone