未練がましい(読み)ミレンガマシイ

デジタル大辞泉の解説

みれん‐がまし・い【未練がましい】

[形][文]みれんがま・し[シク]思い切りが悪い。あきらめが悪い。未練たらしい。「―・くぐちを言う」
[派生]みれんがましさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

みれんがましい【未練がましい】

( 形 ) [文] シク みれんがま・し
いかにもあきらめが悪い。未練たらしい。未練くさい。 「もう、そんな-・いことを言うな」
[派生] -さ ( 名 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

上意下達

上位の者や上層部の命令・意向を、下に伝えること。⇔下意上達。[補説]この語の場合、「下」を「げ」とは読まない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

未練がましいの関連情報