未練がましい(読み)みれんがましい

精選版 日本国語大辞典「未練がましい」の解説

みれん‐がまし・い【未練がましい】

〘形口〙 みれんがまし 〘形シク〙 (「がましい」は接尾語) いかにも思い切りが悪いさまである。未練らしい。未練くさい。未練たらしい
※そめちがへ(1897)〈森鴎外〉「この上未練(ミレン)がましく申し度はなく候へども」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「未練がましい」の解説

みれん‐がまし・い【未練がましい】

[形][文]みれんがま・し[シク]思い切りが悪い。あきらめが悪い。未練たらしい。「―・くぐちを言う」
[派生]みれんがましさ[名]
[類語]名残惜しい惜しいもったいないあたら残念残り惜しい残り多い口惜しい惜しむ心残り物惜しみ未練愛惜痛惜後ろ髪後を引く去り難い

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android