コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

惜しい オシイ

デジタル大辞泉の解説

おし・い〔をしい〕【惜しい】

[形][文]を・し[シク]
大切なものを失いたくない。むだにすることが忍びない。もったいない。「―・い人物を失った」「時間が―・い」「名残が―・い」
もう少しのところで実現されずに終わって心残りである。残念だ。「―・くも受賞を逃す」「最後の一筆の足りないのが―・い」「―・い試合を失う」
いとしい。かわいい。
「汝、命と婦といづれかはなはだ―・しき」〈欽明紀〉
[補説]3は「愛し」を当てることが多い。
[派生]おしがる[動ラ五]おしげ[形動]おしさ[名]

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

おしい【惜しい】

( 形 ) [文] シク を・し
貴重で失いたくない。価値のあるものをむだにしたくない。 「命が-・い」 「時間が-・い」 「埋もれさせておくのは-・い人物」
あと一息のところで物事が成就せず残念だ。ほんの少し欠けたところがあって物足りない。 「 - ・くも敗れた」 「いい人なのに気の弱いのが-・い」
心残りだ。いつまでも未練が残る。 「このまま別れてしまうのは-・い」 「寝るのが-・いような名月」
(「愛し」と書いた)いとしい。かわいい。 「人も-・し人もうらめし/続後撰 」 → 惜しくも
[派生] -が・る ( 動五[四] ) -げ ( 形動 ) -さ ( 名 )
[句項目]

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

惜しいの関連キーワード嵌まり・填まり・塡まり愛は惜しみなく与う泣いて馬謖を斬る惜しむらくは名残を惜しむ長蛇を逸する残り惜しい星を落とす惜しみ無い惜しけしむかわり惜しい哉惜しくも惜しがる勿体無い残り多い惜しけく原 研吉惜しげ可惜し

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

惜しいの関連情報