コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

惜しむ オシム

デジタル大辞泉の解説

おし・む〔をしむ〕【惜しむ】

[動マ五(四)]
心残りに思う。残念がる。「散る花を―・む」「別れを―・む」「人に―・まれて死ぬ」
金品などを出すことを、もったいないと思う。出し惜しむ。「わずかの出費を―・んで大損をする」「骨身を―・まず働く」
大切に思う。尊重する。「寸暇を―・む」「名を―・む」
(「愛しむ」とも書く)愛する。めでる。慈しむ。
「お前を憎み、お前を―・み」〈近松秋江・別れたる妻に送る手紙〉
[下接句]体(からだ)を惜しむ名を惜しむ名残(なごり)を惜しむ骨を惜しむ骨身を惜しまず

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

惜しむの関連キーワード死は或いは泰山より重く或いは鴻毛より軽し売り惜しみ・売惜しみ一文惜しみ嘆惜・歎惜出し惜しみ名残の袖出し渋る物惜しみ骨を盗む鼻紙入れ明けの鐘売惜しみ春惜しむ握り屋可惜物並めて惜しみ偲ぶ会心の暇惜陰

惜しむの関連情報