コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

惜しむ オシム

1件 の用語解説(惜しむの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おし・む〔をしむ〕【惜しむ】

[動マ五(四)]
心残りに思う。残念がる。「散る花を―・む」「別れを―・む」「人に―・まれて死ぬ」
金品などを出すことを、もったいないと思う。出し惜しむ。「わずかの出費を―・んで大損をする」「骨身を―・まず働く」
大切に思う。尊重する。「寸暇を―・む」「名を―・む」
(「愛しむ」とも書く)愛する。めでる。慈しむ。
「お前を憎み、お前を―・み」〈近松秋江別れたる妻に送る手紙
[下接句]体(からだ)を惜しむ名を惜しむ名残(なごり)を惜しむ骨を惜しむ骨身を惜しまず

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

惜しむの関連情報