うじうじ

精選版 日本国語大辞典「うじうじ」の解説

うじ‐うじ うぢうぢ

〙 (「と」を伴う場合もある)
① 勇気がなかったり、具合の悪いことがあったりして、することをためらうさま。ぐずぐず。もじもじ
歌舞伎傾城壬生大念仏(1702)中「与茂八は返答出かね〈〉とうぢうぢ云てゐる」
浄瑠璃艷容女舞衣(三勝半七)(1772)下「お園(その)もうぢうぢ手をつかへ」
② 絶えず小さく動いて落ち着きのないさま。また、小さい虫のはいまわるさま。もぞもぞ
※評判記・色道大鏡(1678)一五「ふところをうぢうぢとする」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「うじうじ」の解説

うじ‐うじ

[副](スル)気おくれしたり決断がつかなかったりして、はっきりした態度をとらないさま。ぐずぐず。「うじうじ(と)して気に病む性分
[類語]いじいじもじもじ因循くよくよぐじぐじぐずぐずうろうろうろちょろどぎまぎおたおたまごまごどぎどぎそわそわもぞもぞ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android