うじうじ

精選版 日本国語大辞典「うじうじ」の解説

うじ‐うじ うぢうぢ

〙 (「と」を伴う場合もある)
① 勇気がなかったり、具合の悪いことがあったりして、することをためらうさま。ぐずぐず。もじもじ。
※歌舞伎・傾城壬生大念仏(1702)中「与茂八は返答出かね〈略〉とうぢうぢ云てゐる」
※浄瑠璃・艷容女舞衣(三勝半七)(1772)下「お園(その)もうぢうぢ手をつかへ」
② 絶えず小さく動いて落ち着きのないさま。また、小さい虫のはいまわるさま。もぞもぞ。
※評判記・色道大鏡(1678)一五「ふところをうぢうぢとする」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「うじうじ」の解説

うじ‐うじ

[副](スル)気おくれしたり決断がつかなかったりして、はっきりした態度をとらないさま。ぐずぐず。「うじうじ(と)して気に病む性分」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

三内丸山遺跡

青森市中心部の南西,沖館川の南に面する丘陵地帯に広がる縄文時代の遺跡。 1992年発掘開始。 1994年約 4500年前のものと推定される直径 1.8mの柱穴6個と,直径 80cmのクリ材と思われる木...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android