コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桐竹勘十郎(2世) きりたけかんじゅうろうにせい

1件 の用語解説(桐竹勘十郎(2世)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

桐竹勘十郎(2世)
きりたけかんじゅうろうにせい

[生]1920.1.5. 佐賀,唐津
[没]1986.8.14. 大阪,大阪
人形浄瑠璃文楽人形遣い。本名宮永豊。1932年 2世桐竹紋十郎に入門し,桐竹紋昇を名のり,翌 1933年7月東京劇場初舞台を踏む。1940~43年と 1944年の 2度にわたる兵役ののち,1945年11月に文楽座に復帰。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

桐竹勘十郎(2世)の関連キーワード唐津線佐賀県唐津市浦佐賀県唐津市鏡佐賀県唐津市新興町佐賀県唐津市高島佐賀県唐津市菜畑佐賀県唐津市西唐津佐賀県唐津市西城内佐賀県唐津市原佐賀県唐津市東唐津