コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武生[市] たけふ

百科事典マイペディアの解説

武生[市]【たけふ】

福井県中部の旧市。1948年市制。福井平野の南に続く武生盆地に位置する。中心市街は九頭竜(くずりゅう)川の支流日野川に臨み,古くは越前国府がおかれ,江戸時代は福井藩付家老本多氏の城下町。打刃物,和紙,蚊帳などの伝統産業で知られるが,近年は,電気機器,繊維,プラスチック加工などの工業も盛んで,福井市をしのぐ製造品出荷額(2001)を上げている。10〜11月中央公園で開かれる菊人形展は有名。北陸本線,福井鉄道線,北陸自動車道が通じる。2005年10月,今立郡今立町と合併し市制,越前市となる。185.32km2。7万1362人(2003)。
→関連項目府中府中

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たけふ【武生[市]】

福井県中部,福井平野南端の武生盆地に位置する商工業都市。1948年武生町と神山村が合体,市制。人口7万1109(1995)。日野川西岸の扇状地性の堆積地を占める市街は,明治以前は府中とよばれ,古代の越前国府の所在地であった。中世に守護代甲斐氏,近世には福井藩家老本多氏の館が置かれ,北陸街道の宿場を兼ねた町屋は嶺北地方南部にかなりの商圏をもち,近年まで街道中央の水路(今は暗渠(あんきよ)の下水道となる)と松並木に旧景観を残していた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の武生[市]の言及

【府中】より

…北陸街道の宿駅でもあり伝馬25匹。古代国府の所在地で催馬楽(さいばら)に〈武生(たけふ)の国府〉と見え,中世以来府中といい,1869年(明治2)古謡にちなんで武生と改称。1575年(天正3)府中三人衆の一人前田利家が居城。…

※「武生[市]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

武生[市]の関連キーワード九頭竜川

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android